編集責任者 プロフィール

伊達敦 著者

決算書紹介、経営分析などマネジメントに知悉する商社勤務の実務家。
統括責任者として全国3000社を超える販売店及び代理店の経営実態の把握、経営指標の分析に辣腕を発揮した。
また霞が関の中央官庁との交渉窓口も担当する。
独創的な決算書解説や経営分析理論は、海外でも高く評価され、著書は海外でも翻訳されている。
大学在学中は、会計学の大家、中村忠教授、飯野利夫教授から 指導を受けた貴重な経験を持っ。
おもな著書 「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい会社の数字」講談社刊。

中小企業研修協会代表。
中小企業コンサルティング事務所代表。

中小企業研修協会開設のこころ

 私は、家が貧しく、高校卒業後は、就職するために商業高校に進学しました。
簿記を中心とした実学を学び、少しでも就職を有利にするためでした。
しかし、商業高校で知ったことは、高卒で就職しても、大学卒の社員との間に給与待遇面で大きな差があることでした。
そこには、学歴社会という現実がありました。
そして、卒業した先輩たちは、みな声を揃えて、私たち後輩たちに言いました。

「大学に進学した方がよい」

私は、いつしか大学進学の夢を持ち始めました。
しかし、大学へ進学するには、お金が必要です。
私は、担任のK先生に相談しました。
K先生は、日本育英会と地方自治体が運営する2つの奨学金の資料を私に手渡し、
こんな言葉をかけてくれました。

「目標あるところに光は射し、信念あるところに道は開ける」

私は、その後、幸運にも奨学金を貸与され、大学へ進学することができました。

「本気で学ぼうとする人が、お金を心配せずに学べる」

これが、私の理想とする社会の一つです。
そして、これこそが、中小企業研修協会の開設のこころです。
中小企業研修協会は、本気で学ぼうとする人を応援します。

中小企業研修協会 伊達敦

販売講座

当協会のご案内

中小企業研修協会(略称 中小研)

中小企業コンサルタント事務所

編集責任者

伊達敦

住所

東京都港区南青山2丁目1番15号

教材販売代表電話

050-6860-7536

Mail

chushokyo@first-kessan.com

関連運営サイト

みんなの簿記ドットコム

創業

2008年9月20日

HP開設責任者のおもな著書紹介

amazon

数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!