貸借対照表の本質とは何か やさしく解説します

貸借対照表の本質とは何か

 

貸借対照表は、企業の財政状態を明らかにするために、貸借対照表日におけるすべての資産、負債および純資産を対照表示したものです。

 

企業会計原則 貸借対照表原則一

 

貸借対照表は、企業の財政状態を明らかにするために、貸借対照表日におけるすべての資産、負債および純資産を記載し、株主、債権者その他の利害関係者にこれを正しく表示するものでなければならない。

 

貸借対照表の作成原則

 

総額主義の原則

 

総額主義の原則とは、資産と負債または純資産とを直接相殺することによって、その全部や一部を貸借対照表から除去してはならないことを指示する原則です。

 

区分表示の原則

 

区分表示の原則とは、貸借対照表は、資産の部、負債の部および純資産の部の3区分に分け、さらに資産の部を流動資産、固定資産および繰延資産に、負債の部を流動資産および固定負債に区分しなければならないという原則です。

 

貸借対照表完全性の原則

 

貸借対照表完全性(網羅性)の原則とは、一定の時点で保有するすべての資産、負債および純資産を、もれなく完全に貸借対照表に記載すべきことを要求するものです。

 

企業会計原則 貸借対照表原則一

 

貸借対照表は、企業の財政状態を明らかにするため、貸借対照表日におけるすべての資産、負債および純資産(資本)を記載し、株主、債権者その他の利害関係者にこれを正しく表示するものでなければならない。
ただし、正規の簿記の原則に従って処理された場合に生じた簿外資産及び簿外負債は、貸借対照表の記載外におくことができる。

数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!