3分でわかる!正常営業循環基準をやさしく解説!

正常営業循環基準について、本を出版している著者がやさしく解説します

おそらく、正常営業循環基準と聞いて、イメージできる人は少ないでしょう。
会計学をかなり勉強した人でないと、ピンとこないはずです。
しかし、正常営業循環基準は、決算書である貸借対照表を知るうえで、大切な知識になります。
この際、このホームページで、しっかり学んでいきましょう。


この記事では、初心者でも正常営業循環基準が、よくわかるようにやさしく解説していきます。

この記事でわかること

  • 正常営業循環基準がわかります
  • 1年基準(ワンイヤールール)について理解できます

著者

伊達敦が、正常営業循環基準をわかりやすく解説します。
・商社勤務20年の実務家です
・出版した決算書関連のビジネス書は、海外でも翻訳されています
主な著書「まだ若手社員といわれているうちに知っておきたい会社の数字」
 講談社刊
・中小企業研修協会&中小企業コンサルティング事務所代表

正常営業循環基準とは何か

まず、貸借対照表では、資産が、流動資産と固定資産という区分されます。
さらに負債も流動負債と固定負債という区分されます。
正常営業循環循環基準とは、この「流動」と「固定」の区分方法の一つをいいます。


正常営業循環基準とは、営業のサイクルである商品の仕入から売上に至る流れの中で「流動資産」や「流動負債」を理解し、「固定資産」や「固定負債」と区分する基準です。

もう少し、わかりやすく言うと、現金を使って商品を仕入れ、仕入れた商品を販売して現金を得ます。
さらにその現金を使って商品を仕入れるというように、通常の営業活動によって生じる資産や負債を、流動資産や流動負債とするルールです。


1年基準(ワン・イヤールール)とは何か

1年基準とは、決算日の翌日から起算して1年以内に決済される資産、負債を「流動資産」と
「流動負債」と考えるものです。
それ以外は、「固定資産」と「固定負債」と考えます。


実務上は、まず、正常営業循環基準を適用します。
この基準で判断できなかったものにさらに1年基準を適用し「流動」と「固定」の項目を分けます。

営業循環基準と1年基準の比較表

正常営業循環基準 営業サイクルの中にある項目を流動資産・流動負債とする基準
1年基準(ワンイヤー・ルール) 決算日の翌日から起算して1年以内に決算されるものを流動資産、流動負債とする基準

正常営業循環基準のまとめ

  • 正常営業循環基準とは、貸借対照表で、流動資産と固定資産に区分する方法です
  • 1年基準(ワンイヤールール)も貸借対照表で、流動資産と固定資産に区分する方法です
  • 正常営業循環基準は、資産ばかりでなく、負債にも適用されます