3分でわかる!損益計算書の5つの利益をやさしく解説します!

損益計算書の5つの利益について、
本を出版している著者がやさしく解説します。

会社の利益は、1つではありません。
損益計算書をはじめて学ぶ人にとっては、意外に感じるかもしれません。
しかし、ビジネスでは、これは常識です。
この記事では、初心者でも損益計算書の5つの利益が、よくわかるようにやさしく解説していきます。

この記事でわかること

  • 損益計算書の5つの利益がわかります。
  • 売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の意味がざっくりわかります。

講師

伊達敦が、損益計算書の5つの利益をわかりやすく解説します。
・商社勤務20年の実務家です
・出版した決算書関連のビジネス書は、海外でも翻訳されています
主な著書「まだ若手社員といわれているうちに知っておきたい会社の数字」
 講談社刊

それでは、損益計算書の5つの利益について解説していきます。

損益計算書の5つの利益とは?会社の利益は1つではない!

利益とは、会社が稼いだお金です。

少し、ややこしいのですが、損益計算書に記載される利益は、一つだけではありません。
はじめて、決算書を学ぶ人が、驚きと違和感を持つ大きなポイントの一つではないでしょうか。
損益計算書には、利益が5つもあるのです。

すこし、ややこしいのですが、最終的な利益は、あくまでも一つなのです。

しかし、最終的な利益にたどり着く前に、特徴ある利益ごとに区分するのです。

この区分された利益を見ることで、会社の営業成績が詳細にわかるというわけです。

たとえていうならば、大阪始発、東京終着の新幹線に乗車したイメージを持ちましょう。
最終的な終着駅は、東京です。
しかし、途中駅には、京都・名古屋・浜松・横浜とそれぞれの特徴ある駅があります。
特徴あるこれらの各駅を知ることで、東京までの乗車がより有意義に味わい深くなるはずです。

損益計算書には、5つの利益がある

損益計算書の5つの利益とは、以下の5つです。
損益計算書のつくりにしたがって、ざっくりと順番に説明します。               

  • 売上総利益 
    「売上総利益」は、会社のもっとも基本となる利益です。
  • 営業利益 
    「営業利益」は、会社の本業で儲けた利益です。
  • 経常利益 
    「経常利益」とは、会社の副業で稼いだ利益になります。
  • 税引前当期純利益 
    「税引前当期純利益」は、税金を納める前の利益になります。
  • 当期純利益 
    「当期純利益」は、会社が最終的に稼いだ利益ということになります。

【5つの利益】についてもっと詳しく知りたい人のために、わかりやすい解説をした記事をご用意しました。

こちらをご参照ください。
参考記事

 ↓

損益計算書の5つの利益のまとめ

  • 損益計算書には、5つの利益がある。会社の利益は、1つではない
  • 売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の5つの利益がある

数字が苦手な人のための「決算書講座」発売中!

✓後輩から、営業利益と経常利益の違いを質問され、困ってしまった…。
✓同期から、新規事業の損益分岐点の相談を受けた。でも「何それ?!」と満足に応えることができなかった…。
✓上司に「客先をABC分析で絞り込め!」と指示されたが、そもそも意味がわからなかった…。 
✓会議で、与信管理の意見を求められた。自己資本比率についてだったが、発言できなかった…。
✓会議で使える「会社の数字」に強くなる決算書の本がほしい!
✓すぐに役立つ、安くて、簡単な決算書の教材がほしい!